【家族の引っ越し】荷造りに抑えておきたい基本ポイント

家族で引っ越しする際、準備にはいろいろと時間がかかるもの。

 

 

 

一人暮らしのときは、大した荷物がなくても、旦那さんと子供の分を入れると荷物は倍の倍に。

 

 

荷造りは、引っ越し業者にすべて任せることもできます。でも当然、料金は高くなります。

 

 

こちらで事前に準備できるものはしてしまって、引越料金は少しでも安く済ませたいもの。

 

 

でも、荷造りはめんどくさい・・でもやらなければならない。

 

 

荷造りをどういう風に進めていけば効率よく無駄なくできるのか、紹介します。

 

 

一気にやろうとするから、気分が乗らないし続かないのです。こつこつ準備して、気楽に取り組みましょう。

 

 

荷造りのコツ

 

どれくらい前から、荷物の整理と収納をはじめればよいのでしょう?

 

 

引っ越しの3週間前くらいからはじめると、余裕をもってはじめられます。

 

 

まず、押さえておきたいのは「荷造り専用部屋」。段ボール類をまとめておいておける部屋を1部屋確保しましょう。

 

 

作業はそのスペースで、集中して行うのです。

 

 

こうすれば日常生活で、荷造りしなきゃというストレスを感じにくいですし、作業部屋を作ることでメリハリがつきやすくなります。

 

 

段ボールに詰める時の注意

 

引っ越し業者からもらえることもあります。ただ多くの場合は、近くのスーパーで空き段ボールをもらってきて詰めることに。

 

 

サイズが統一できない分、荷物の加減が難しいかもしれません。

 

 

○必ず1人で持てる程度にする(それ以上だと、段ボールが破損しやすい)

 

 

○重い荷物ほど、段ボールは小さく。軽いものは大きめの段ボールに詰め込みましょう。

 

⇒一見逆のように感じるかもしれません。これでいいんです。

 

⇒重い荷物を大きめに入れると、荷重がかかっていない場所の部分からばりっといきやすくなります。

 

⇒軽いものですと、多少大きめの段ボールでもかかる負荷は小さいので、壊れにくいのです。

 

○「すぐ使う段ボール」を1箱用意する

 

⇒段ボール箱に詰める場合、基本は同じ系統のもの(食器なら食器、洋服なら洋服)を入れるのがセオリー。

 

⇒それ以外に、新居ですぐ使いそうなものはジャンルを問わず段ボール箱にまとめておくと便利。荷物が片付かなくても、必要最低限な生活ができるからです。

 

⇒いつも着ている服、いつも使っている最低限の食器、洗面道具類など。

 

○「保留用段ボール」を1箱用意する

⇒荷造りでつまづきやすいのが、「捨てるかどうか、迷うもの」必ずでてくるはずです。

 

⇒それで作業がいちいち止まると、片付くものも片付かなくなります。そこで保留用段ボールの出番です。

 

⇒迷ったら、とりあえずぶちこんでおく段ボールを1箱用意する。新居について落ち着いてから、いるかいらないかを判断して処理するのが効率的です。

 

 

○段ボールにフタはしない

 

⇒荷物を入れ終わった段ボールは、つい口をガムテープで閉じたくなります。作業が終わったという区切りにもなりますしね。

 

⇒段ボールの口を閉じるのは、引っ越し当日の朝にしましょう。それまでになんだかんだで、使うことがあるからです。

 

⇒できれば、各段ボールに入れる荷物の量も8割程度にとどめておくと良いです。直前になって、入れたい荷物がでてくる場合もあります。

 

⇒いずれにしてもコツは、ガッチリ決めずにゆるやかに荷造りすることです。作業を先に先に進めていけば、余裕をもって取り組めるはずです。

 

 

 

TOPへ >